記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事語りです

20060405035405
昼休みの滅菌室


歯科の仕事を始めたのは3.4年前。

自分に合っている実感も何も無いけれど
多分これからも続けていくんだと思う。
衛生士さんが居なくて、ずっと歯科助手兼受付をしていた。
受付専門になったのは、今の職場に就職してから。

短期の手伝いも入れたら4件の医院に携わったけれど
今の職場は今までの場所に比べると全くカラーが違う。
最初はとても戸惑ったし、凄く凄く大変で辛かった。
今でも勿論楽ではないし、楽になる事は絶対に無いと思うけど
これまでの職場では希薄だった必要なやる気が今はちゃんとある。

私がバイトで培った助手の経験は、それまでの職場では重宝されても
衛生士さんしかいない今の職場では全く使い物にはならない。
だからこそ、歯科受付としての姿勢・役割等を凄く考えるし
自分なりにためになりそうな本はガンガン買って勉強したり
人が歯医者へ行った時の意見を聞いたりする。

今私が辞めても、病院にとっては多分全然痛くはないだろうけれど
受付のあきちゃんが居て助かったとか、良かったとか
いつかはそう言われるような仕事が出来るようになりたい。

と思いつつも、ニコチン切れで「ちょっと上で事務やってきます」と
2階へ行って1服する事が、1日に1回は必ずあるし
苛付いて居る時の対応はやっぱり少し乱暴になるし
お会計が合わない事もたまにあるし(今日がそうだった)
同じ間違いを繰り返して、中の人に迷惑を掛ける事も多々あるし
話が長い老人は「チョーウゼー」って思うし
構われたがりのうるさい子供には「マジカワイクネー」と思うし
お気に入りの患者さんが来ればソフトになるし
最初は無色を徹していた爪も今はピンクやベージュになっている。

中にはどうしようもない事もあるだろうから
そういう事をしてしまっていても、「まぁその位はOKかな」となるような、仕事振りで役目をしっかりちゃんと果たせるようになりたいと思う

今月でやっと1年。そして明日も頑張ろう。あさっては休みだ。
明日は仕事中の苛付きを100%隠し通して、間違いゼロでありますように
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
わたしもは医者ではないけど受付業務をしているので
あきさんの気持ちがすごくわかるというか、
むしろそんな気持ちになるよなあという勝手な共感をしてしまいました。
(特に後半のイラツキ部分)
そういうのを仕事に出してはいけないと思うけど
気持ちが態度に表れやすいわたしにはどうやっても無理みたいでw
きっとお客さんを不快にさせてるんだろうなーと。
でもってこの仕事がわたしに向いているとは思わないし
出来ることならもうやめてしまいたいんですが、
辞めずにいるのは次の保証もないからというしょうもない理由だったりして
少しずつ悲しくなってたりします。
わたしも頑張ろうって思えたらいいのになとこの記事を読みながら思いました。

こんばんは。
やっぱり受付ってそこの顔でもある(らしい)から、思ってる倍以上に明るく笑顔で振舞わなきゃいけなくて大変ですよね。
私も結局自分に向いている自覚もないし、次の保証が無く辞められないという気持ちもやっぱりあるんですが、最近やっと仕事に前向きな感情が芽生えてきました。でもほんと、3.4年目にして今やっとです(笑
今はこのやる気や向上心が空振りを起こさないように慎重に頑張ります。
でもやっぱり今日も苛付きました(笑
丁寧に対応しているのに、面倒くさそうに無愛想MAXで反応されると、かなりやる気も萎えてきます…

コメントの投稿

非公開コメント

MOVIE

一言メモ

ブロとも申請フォーム

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。